遠くの街

コリンキー

2015.07.20

コリンキー、コリンキー△△△♪ 口ずさんでしまったあなたはきっと同世代。
日曜市や金曜市で見かけて気になっていた「コリンキー」に挑戦してみました。

皮ごと生で食べられるカボチャ

その名前もさることながら、皮のまま生で食べられるというユニークなカボチャ・コリンキー。大きさは500g〜1kgで手のひらに乗るくらいのサイズ。5月頃から収穫され、旬は6〜7月頃。皮は明るい黄色〜オレンジ色で、飾りカボチャのようなかわいらしい風貌です。
コリンキーは栄養も豊富で、食物繊維・カロチン・ビタミンB1、B2・ビタミンC・鉄・カリウム・カルシウムなどが含まれているそうです。

korinki-01
皮が固くないため、簡単にスパッと切れます。果肉の黄色が鮮やか!

コリンキー三変化

生・コリンキーのパリパリサラダ

まずは生でいただきます。薄くスライスしてサラダに。黄色の彩りが嬉しいですね。パリパリした食感にほのかなカボチャの風味が新鮮な味です。
ピクルスやお漬物にしても良さそうです。

korinki-03

煮・コリンキーの冷製ポタージュ

加熱すると、カボチャらしい甘みが増します。
玉ねぎと少量のスープで煮込んで冷まし、牛乳とミキサーへ。栄養満点・夏の冷たいスープです。朝ごはんや食欲がない日にもおすすめです。

korinki-04

揚・コリンキーと夏野菜の素揚げ

カロチンが豊富なコリンキーは、油との相性も抜群。普通のカボチャよりさっぱりしているのでパクパクいけます◎

korinki-05

鉄板の美味しさ、揚げ浸し。

korinki-06

クセがなく和・洋・中幅広く使え、調理もしやすいコリンキー。
見かけたらぜひお試しください。

参考リンク

TAG