TODAY'S DRAWER

ミント大作戦 – リーフ編 –

2015.08.03

今年の春、我が家のベランダにスペアミントが仲間入りしました。
実は以前にもミントを育てていたのですが、生育スピードがうまくつかめず、ダメにしてしまったことがあるのです。

そんな訳で、リベンジ・ミント。今のところ元気に育ち、ちょこちょこと新鮮なミントの葉を楽しんでいます。この記事では、ミントを育てるコツと楽しみ方をご紹介します。

↓ 手軽にミントの香りを楽しむ「オイル編」はこちら。話題のハッカ油活用法も。

ミントの育て方

mint-leaf02

基本的にミントは丈夫で繁殖力も強く、ベランダでも育てやすい植物です。いくつかのポイントに気をつければ、どんどん枝分かれして育ってくれます。

植え付けのポイント

ミントは種からも育てられますが、個体差がバラつきやすいため、家庭で育てる場合は良い苗を選んで植え付けるのがおすすめです。

良い苗の見分け方

茎がしっかりとしていて、葉と葉の間が詰まっていること。草丈が高くひょろひょろと間延びしたものは、徒長した生育不良の苗なので避けましょう。また、下の方の葉の色が濃いのも丈夫な証拠です。

大きめの鉢に植える

繁殖力が旺盛なので、大きめの鉢を用意しましょう。地植えする場合は増えすぎを防止するために、土中に仕切りを作ってから植え付けます。

植え付け時期は春か秋に

ミントの植え付けは成長が旺盛な春か秋が適しています。真夏の高温多湿は苦手なので、植え付けを考えているなら、少し涼しくなるまで待ったほうがベター。

mint-leaf03

水やりのポイント

水やりは朝か夕方に

夏場は1日に1〜2回、冬は1回程度の水やりが目安。土の表面を観察して、乾いていたら鉢底から流れ出るまでたっぷり水を与えます。

夏場は蒸れに注意

水やり後に強い直射日光が当たると株が蒸れて弱ってしまうので、特に夏場は注意しましょう。日中に水不足で葉がしおれていたら、鉢を風通しの良い日陰に移動させてから水やりします。

育て方のポイント

plants

こまめに収穫・剪定

枝葉が混み合って蒸れると弱ってしまうので、こまめに収穫や剪定を行います。梅雨入り前には思い切って切り戻しを行い、通気性を良くして夏に備えます。

丈夫に育てる収穫法

収穫するときに枝先ばかりを摘み続けると、細く弱々しい姿になってしまいます。根元から5cmくらいの部分でカットして収穫することで、丈夫な枝が再生します。上手に収穫することで新しい枝葉が増え、草姿良く元気に育てることができます。

根詰まりに注意

生育が旺盛なので、鉢植えの場合は1~2年ごとに鉢をリフレッシュさせましょう。春か秋に、半分ほど茎根を刈り込んで株分けか植え替えを行います。根詰まりを起こしたまま放っておくと枯れてしまうこともあるので注意しましょう(私は1回目これで失敗しました…)。

冬の越し方

ミントは寒さには強く、屋外でも冬を越すことができます。冬の間も葉を収穫したい場合は、鉢を室内に入れてあげましょう。

:::

2015.08.13 追記

mint-flower

散歩中にミントの白い花が咲いているのを見つけました。
ミントはシソ科の植物なので、シソやバジルと同じく穂状の花をつけるのですね。

ミントを味わう

家庭でミントを育てれば、摘みたての新鮮な葉っぱをいつでも楽しむことができます。
ミントは管理に気をつければ、年中葉を収穫することができますが、香り成分のバランスは季節によって微妙に変化します。その中で最も香りのバランスが良くなるのが、開花前のまさに今、7〜8月だそうです。ここではミントの簡単オススメレシピをご紹介します。

mint-leaf04
ゆっくりとお湯がミントの色になっていきます。ほのかな甘みが美味しいスペアミントティー。

フレッシュミントティー

植物の有効成分を手軽にとり入れられるハーブティー。薬のように劇的な効果はありませんが、おだやかに心身の調子をととのえてくれます。
お湯を注いで葉っぱを蒸らし、立ち上る湯気と香りを楽しむ時間そのものが、疲れた身体と心をほっと一息安らげてくれます。

ホットで飲んでもスーッとした清涼感がクセになるミントティーは、ついつい冷たいものをとり過ぎてしまう夏にもおすすめです。

ミントティーのいれ方
①ミントの葉をカップにふんわり1杯分入れ、お湯を注ぐ。
②3〜5分蒸らす。香り成分が大事なので、蒸気を逃さないようにかならず蓋をすること。
③立ち上る湯気を楽しみながら、ゆっくり味わう。

スペアミントはペパーミントより香りが穏やかで甘みがあり、初心者にもおすすめのハーブティーです。数種類のハーブをブレンドするときのベースにも活躍します。

ペパーミントには優れた消化促進作用があるため、胃痛や胸焼け、食べ過ぎ飲み過ぎなどの症状に効果的です。鼻づまりや鼻水、咳など風邪の症状を緩和する作用もあります。メントールの香りが疲れた身体と心がさっぱりとさせ、脳の働きを活性化します。

モヒート

フレッシュミントとライム、ホワイトラムを使った夏にぴったりのカクテル・モヒートのレシピです。断酒中の私は、ラムなしで…。

①ライムを絞ったグラスに、スペアミントをひとつかみ入れる。
②砂糖スプーン1杯を加え、炭酸水をグラスの2/3まで注ぐ。
③スプーンでふわっと5、6回混ぜながら押さえて香りを出す。
押しつけすぎると苦味が出るので注意。
④ホワイトラム 45ml を注ぎ、氷を入れて完成。
ストローでグラスをひと混ぜしてからめしあがれ。

いろんな炭酸水やトニックウォーターにミントとライムやレモンを入れれば、おいしいノンアルコールカクテルが楽しめます。

アイスやスイーツに

mint-leaf05
話題の桃モッツァレラとの相性も◎

毎年夏になると並び始めるチョコミントアイスが大好きです。今年は森永MOWシリーズのホワイトミントがお気に入り。

普段お店などで飾りに乗っているミントは何となくよけてしまうのですが、家で育てた葉っぱなら安心して食べられます。スペアミントはペパーミントより刺激が穏やかで、後味にほのかな甘みもあり、生食にも向いています。

チョコチップアイスにスペアミントの葉を散らして混ぜながら食べれば、フレッシュチョコミントアイスに! MOWのホワイトミントに“追いミント”するのも良いですね。

:::

以上、育てて味わうミントのリーフ編でした。

参考書籍

ミントの楽しみ方がいっぱい詰まった一冊。

TAG